読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブな人が苦手です…

痔とか粉瘤とかニキビとか身体の不調いろいろ書いてます。

ニキビからのひたすらネガティブ…

ニキビ 背中 胸

冬は隠すことのできる背中と胸のニキビ。

ひたすら首の詰まった洋服を選び、着てみたら思ったより胸があいてしまい、必死にストールで隠したり。

友達の結婚式に行くためのドレスもアメリカンスリーブタイプのものを選んでいました。あのデザインはかわいい上に首までぴったり覆うので優秀すぎる。もともと好きな形で、友達にも褒めてもらえてるし、おかげでなんとか今まで乗り切ってきました。

 

でも…やっぱりデコルテを惜しげもなく出してる友達や、背中が大胆に空いたドレスを着ている新婦はほんっっっとにうらやましく…

なんでわたしばっかり…とニキビに対する恨みだけではなく、純粋に結婚していくことへの羨ましさと、妬みと、切なさと、こんな気持ちになってしまう自分への苛立ちと…。

自分が結婚式することになっても好きなドレスは背中が気になって着られないし。

よく、雑誌やネットで、背中にもファンデーション塗ってくれるから多少のニキビは気にしなくて大丈夫!!という記事を見るけど、そんなレベルじゃないんだよ!簡単に言ってくれんな!と怒りを覚え…。

もうこのメンタルじゃ、この先どれだけみんなが気にならいと言ってくれても、自分の気持ちが後ろめたさしかなく。

そんな気持ちで着るんだったら背中も胸も完全にレースで隠れてるタイプにするか、でもそれを無理して着る必要はあるのか…そもそもそんな気持ちになってまで結婚式をしたいのか、そんな気持ちで式挙げてみなさんに貴重な休みを使って着ていただくなんて誰が得するのか…結婚式なんかしたくない。という結論にまで至り、予定もないのに1人で勝手にマリッジブルーになっていました。

そこでやめとけばいいのに、どうせこんな私なんか誰も必要としてないんだ、私がいなくなっても誰も気がつかないし誰も悲しまないし、もうこれって死ねってことなのかな…消えてなくなっちゃいたい…といつものやつが始まり。

ニキビと痔と膀胱炎と一緒に極度のネガティブも治せるお薬はないんでしょうか…。

そんなことまで薬や誰かに頼ろうとする心こそがわたしの弱さとずるさです。

分かってはいるんです…。

 

また春が来てしまう…。生理前こともあり、ひたすらネガティブなこのごろです。