ポジティブな人が苦手です…

痔とか粉瘤とかニキビとか身体の不調いろいろ書いてます。

痔との付き合い方

季節の変わり目や寒いとき、体調が悪い時、食べ過ぎたりしてうんちが固くなった時は、ピーク時とは比にならないくらい楽なものの、痔の症状に悩まされます…。

調子がいい悪いに関わらず、今まで8年ほど毎日続けているのが、うんちをした後、ウォシュレットではなく、お風呂場に行き、シャワーで石鹸をつけてしっかり洗うことです。

冷え性なのもあり、熱めのお湯で下腹部やお尻を温めるだけで、だいぶ楽になる気がします。

ほんとはお風呂にもつかれたらいいんですが、24時間いつでも入れるお風呂じゃないから…

 

今まで特に軟便や下痢気味だったとき、拭ききれないお尻の穴に残った物が傷に触ってしみている感覚があったんです。しっかり洗ったら痛みが治まったということがあり、やっぱり拭くだけではなく、ちゃんと洗わなきゃダメなのね!という結論に達しました。

 

切れている患部は割と手前にあるので、洗いながら直接指でしみる部分を探し、ここだ!と思ったところをシャワーをあてながらゆっくり揉みほぐすようにマッサージしながら洗います。

毎日お尻を意識して生活し、患部を触っている事によってすごく分かりやすいのが、痔の症状が悪化している時はお尻の穴が腫れぼったく、筋肉痛のような感覚があり、指が入りにくいんです。

逆に調子がいい時はなんのつっかかりも違和感もなく指が入って。

 

 

痔がひどくなると腫れたり固くなったりして、お尻の穴がどんどん固く細くなってしまい、うんちも細いものしか出なくなてしまうらしく…

実際酷かった時、たしかに明らかに細かった 時期がありました…

それを防ぐためにもお尻の入り口を揉みほぐすようなマッサージはおすすめらしいです。なんかの本かネットで得た知識なのであやふやですが…

 

調子がいいときも同じように洗い、ほんとにこれは毎日やっています。

痔がどうこうを別にしても純粋におしりが清潔で気持ちいいし。

ウォシュレットでもいいんでしょうが、個人的に苦手なのと、やっぱりボディーソープをつけてしっかり洗いたい。そしてついでに数分だけでも下腹部を温めたい。 

でもゆっくりシャワーまで浴びる時間はない。朝だし。ということで、下だけ脱いで上の服はむねのところまでくるくるとたくし上げ、下半身だけシャワーを浴びるスタイルになりました。

ハタからみたらすごい光景だと思いますが。

悪化してしまっている時はこれをやってもやっぱり痛いけど、清潔に保てている安心感は何事にも代えがたい。

これをするために朝必ずうんちは出したいし、ゆっくり洗いとマッサージの時間を作りたいので、時間に余裕を持って起きるようになりました。

たまに休みの日にぐうたらしすぎてトイレにタイミングを見失ったり…規則正しくが一番です。分かってはいるんですが。

毎日トイレに行ってシャワーで洗う流れが自分の中ではもう仕事みたいなものなので、休みの日もそれが無事に済んでからはじめて、心から休みを実感できるというくらい重要な任務です。