ポジティブな人が苦手です…

痔とか粉瘤とかニキビとか身体の不調いろいろ書いてます。

母親のうなじにもあった粉瘤

2回目の粉瘤の手術から3年以上が経過し、潜んでいる粉瘤達がたまに皮膚の下の方にあるのを感じながらも生活に支障はなく、平和に過ごしていました。わたしの持っている粉瘤は、摘出したものも含め、ネットの画像ででてくるような黒いへそのような開口部分があるも…

便秘からの…

人生の半分以上お腹がピーピーのわたし。 多いときは毎食後下すという地獄を味わっていました。 それが…ここ何日かスッキリしない… 痔の地獄を知っているだけに、早いとこ解決したい。出るけど全部出てない。いつもと同じ生活なのに。 そしてとうとう最悪の1…

胸と背中にもディフェリンゲル

1年ほど前、相変わらずの状態で薬をもらうために診察を受けた時、あまりにも良くならないので、アレルギーが原因なのかと思い、先生に聞いたら、アレルギーのせいじゃないよ!毛穴の詰まりだよ!とはっきり言い切られました。 そして先生から、身体にもデフェリン…

ニキビからのひたすらネガティブ…

冬は隠すことのできる背中と胸のニキビ。 ひたすら首の詰まった洋服を選び、着てみたら思ったより胸があいてしまい、必死にストールで隠したり。 友達の結婚式に行くためのドレスもアメリカンスリーブタイプのものを選んでいました。あのデザインはかわいい上…

ニキビの薬 デェフェリンゲル

ニキビのことで行ったいろんな皮膚科で処方された薬の中で一番多かったのが、ナジロキサンクリームというチューブに入った薬でした。 でもわたしは今まで効果を感じたことはなく…いろんな皮膚科に行ってこれを処方されると、あぁ…またこれか…と思うやつでした…

背中のニキビが治らない…

背中のニキビは相変わらず一面に広がっていて、春が来る度に憂鬱な気分に陥っています…。デコルテとか背中が空いたかわいいデザインのお洋服がたくさん。 もうわたしの背中もデコルテも完治は不可能なんだと思います… 跡もすごいし、もう背中全体が黒ずんでしま…

腎盂腎炎

年末の仕事がありえないくらい忙しかったある日、とにかく体調が悪く、腰の後ろあたりが酷く痛み、滅多にでない高熱を出したことがありました。 もともと体温が低く、普段はやっと36度あるかどうかくらい。 体調が悪くて熱を計っても必ず平熱。 むしろ体温が低す…

膀胱炎とか…

20代半ばに勤めていたところが、開店から閉店まで一人で勤務する小さいお店でした。 お昼は仕切りの裏で取り、呼ばれたら出ていくという、まともな休憩時間もない状況でした。 トイレに行くときも、すぐ戻りますという立て看板をレジに置き、レジの鍵を抜いて急い…

痔との付き合い方

季節の変わり目や寒いとき、体調が悪い時、食べ過ぎたりしてうんちが固くなった時は、ピーク時とは比にならないくらい楽なものの、痔の症状に悩まされます…。 調子がいい悪いに関わらず、今まで8年ほど毎日続けているのが、うんちをした後、ウォシュレットではなく、…

親知らずその後

手術から数カ月が経ち、もう親知らず抜歯の腫れはとっくに治まっていたんですが、痛みは相変わらず続いていました。 冷たい物を飲んだりチョコを食べたりした時が特にひどく…一口食べては眉間にシワが寄るくらいの痛みを感じ、また一口入れては悶絶し…の繰り返…

親知らず抜糸

親知らずの手術から抜糸まではあまり記憶がないんですが…とにかく顔が腫れてたのと、傷口が痛い、それだけでした。 晴れるか痛いかどっちかって聞いてたのに!腫れてるし痛いし!両方とかひどい!とひたすら嘆いていました。 一週間後くらいに抜糸に行き、イソ…

親知らずの手術翌日

次の日の朝、6時過ぎにトイレに行きたくなり病室外のトイレへ…洗面台で顔を見て衝撃…両ほほがガッツリ腫れてもはや四角い…痛みはあまりない。 とりあえずお腹空いた…昨日のお昼も夜も食べてないし…朝ごはんまでの時間が長すぎてイライラ… 待ちに待ったご飯は…

親知らずの手術当日

手術当日朝9時に病院へ… 手術は14時からなのに…なぜか内科の病棟に通され、身長と体重を測る 数年前測った時より身長が1㎝伸びてる…もう26なのに…?もう1回測ってください~って言っても大丈夫大丈夫!と相手にされず。 まぁたしかに1㎝くらい問題ないですよ…

親知らず 紹介状をもって総合病院へ

上の親知らずを歯医者さんで抜いてもらってから数年後…久しぶりに歯のクリーニングしてもらおう!とまた歯医者さんに行き、久しぶりだからまたレントゲン撮ろうね~!と撮ってもらうと… 今度は下の親知らずが怪しいとのこと… レントゲンを見せてもらうと、たし…

皮膚線維腫 2度目の手術

手術当日… 午後の診察が14時からの病院ですが、手術は13時から。 看護師さんに案内されて診察室へ… やっぱりあの空気は緊張します。 看護師さんに緊張します…とつぶやくと、そうだよね~と笑い、いろいろ準備しながら世間話をしてくれました。 先生が来たので、…

大量出血 痛みも心当たりもないのに…

痔がここまで酷くなってから思い返してみれば、あの時病院に行っておけば…!あそこで重大さに気づいて対処しておけばこんなことにはならなかった…!と思うことがいくつもありました。一番忘れられないのが… 車で片道4時間弱かけて温泉旅行に行ったときのこと…

まさかの再発… 皮膚線維腫

30歳を過ぎた頃、手術した太もものできものの傷跡の所がまた膨らんでいることに気がつきました。 手術跡が広がってきれいにならなかったのか…と納得しようと思ったんですが、やっぱり目立つし、なんなら手術前くらいの盛り上がりになってるし… また手術になるな…

胸と背中のニキビ 漢方を求め皮膚科へ

そのクリニックはけっこう有名な所らしく、広い駐車場も広い待合室も待ってる人でいっぱいでした。 先生は漢方の関係で有名な人らしく… 3つほどある診察室のひとつに通され、看護師さんに症状を説明し、先生が来たら大まかな事を看護師さんが先生に伝えてくれ、…

胸と背中のニキビで処方された薬

今までたくさんのいろんな種類の薬を処方してもらいました。 当時からお薬手帳が存在していればよかったんですが… 名前を覚えているのは最近のものばかり。 いろんな皮膚科をまわっても治らないので、別の所に原因があるのかと内科にも行きました。 病院によ…

胸と背中のニキビ 皮膚科に行っても…

デコルテと背中のニキビに悩まされ、いろんな病院に行き、市販のニキビの薬やボディーソープ、ローション、石鹸など積み重なると結構な金額と労力を費やして試してきました。 ブツブツさえできていなければ使わずに済んだお金なんだよな…と、超ネガティブで陰気な…

胸、背中ニキビ

16歳から出来はじめたデコルテと背中のニキビは34歳になった今でも出来続け、完治はしていません… 10代の頃に行った皮膚科で26歳くらいになれば治ると言われて、そんなにかかるのか…と絶望したのに、それがまさかこの歳になっても治らないどころか広がる一方だ…

親知らず… 突然の抜歯

痔の痛みを抱えながら過ごしている頃、ごはんを食べているときに奥の銀歯が取れてしまい、歯医者さんに行かなければいけなくなりました。 数年ぶりの歯医者さん。小学生の頃から通ってたとこは雑な印象があったので、友達が行ってるという歯医者さんに行ってみ…

粉瘤の手術 2回目

手術当日。 また麻酔は絶対痛いのは分かってたし、大人だし、こわくないと思ってたけど、やっぱり緊張はします…。 先生が触ってペンでマークしながら、痛くないのに切るのは嫌だよなぁ…と笑いかけてくれました。 やっぱり麻酔は痛い…ちっちゃく、いってぇ~って言…

脇の下のぷつっとしたもの まさかの粉瘤

二十歳を過ぎた頃、脇の下にぷつっとした、米粒より小さいできものがあることに気がつき…これは乳がんのしこり…?でも皮膚の奥じゃなく、ほんとに近い表面にあるカンジ…。 脇だしこわいし、小さい頃から通ってる内科に行って診て貰いました。受付で症状聞かれて…

痔の病院に行ってからの生活… 肛門科

病院で先生に教えてもらった通り、パンも麺も我慢し、煮物と白米をひたすら食べ、ご飯中には水は飲まない、もらった薬は注入ではなく直接塗り込む!ということを一カ月ほど徹底した結果、今までの症状は嘘のように楽になっていました。 完全にゼロにはなってない…

痔の病院でもらった紙…

うちに帰って先生からもらった紙を見て、わたしはがく然としました。 食事の気をつけることについて… ・身体を冷やす生野菜は避け、季節の野菜を煮物にして食べること。 ・食事中は水分を取らないこと ・パンや麺類は避け、白米を食べること 他にもいろいろ書い…

お尻の激痛 この前とは違う肛門科へ…

その病院は肛門や胃腸が専門の大きい病院でした。もうお昼近いのに待合室はたくさんの人がいました。先生も何人もいるっぽい… 患者さんは中年の男性かご年配の方がほとんどだったので、けっこうな視線を感じつつ… そんなことより!!広い待合室の椅子も、診察…

裏太ももにできた謎のできものの手術 皮膚線維腫

20代半ばくらいの頃、痔と背中ニキビに悩まされている中、新たな問題が… 裏太ももの真ん中あたりにぷにぷにとしたできものが出来ていることに気がつきました。 ニキビではなさそう…高校生の時にできた粉瘤とも手触りが違う…なんなんだろう…痛くないからいいか……

痔の痛みに耐えられず行った救急でのできごと…。

春になっても相変わらずお尻の不調は維持したままでした。 ちなみにわたしは便秘ということはなく、毎日朝しっかりお通じがありました。便秘じゃないのになんでよ…タバコも吸ったことないし、お酒もめったに飲まないのに…としょっちゅう思っていたんです。 春…

痔が悪化してからの試行錯誤の毎日

ちょっとでも症状を軽くするためにわたしがいろいろ調べてやっていた流れがこちら↓ 朝ごはんの前に水をコップ一杯のみ、朝ごはんをたべる 食後にトイレへ…お通じの前にお尻に大量にボラギノール軟膏を塗っておく 深呼吸をしながらいきむ→やっぱりぴきっ!っと…