読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブな人が苦手です…

痔とか粉瘤とかニキビとか身体の不調いろいろ書いてます。

胸と背中にもディフェリンゲル

ニキビ 病院 背中 胸

1年ほど前、相変わらずの状態で薬をもらうために診察を受けた時、あまりにも良くならないので、アレルギーが原因なのかと思い、先生に聞いたら、アレルギーのせいじゃないよ!毛穴の詰まりだよ!とはっきり言い切られました。

そして先生から、身体にもデフェリンゲル使ってみる?!とのお話しが!食い気味ではい!!と返事をし、最初は様子見たいから一本だけ出しとくねと言われ、うきうきで家に帰りました。

胸はなんなく塗れるものの、背中が…

片手の平にたっぷり出して両手ですり合わせて片方ずつ背中に手を伸ばして塗るしかない…ふり返るような姿勢で鏡を見ながら必死に塗りました。

一本を背中と胸に塗るので結構な消費量…すぐなくなってしまいまた薬だけもらいに行きました。2週間ほど経つとやはり副作用らしき症状が…

鎖骨のあたりがカサカサザラザラ…赤いし。

次の診察の時に見せると先生がルーペで観察したあと、このまましばらく続けて様子見ましょう。

落ちついてくるはずだから…と。今回はちょっと多めに欲しいことを伝え、3本を一カ月分の漢方薬と一緒にもらって帰ってきました。

今回はどれだけ自分で合わないと思っても続けてみようと強く決心し、毎日がんばって塗りました。

ただ問題が、両手の平で塗った後どれだけ石鹸で念入りに洗ってハンドクリームをつけても手のひらがカサカサになってしまう…

まぁしょうがないか…。他に方法もないし。

そして数ヵ月経つと明らかにキレイになっている!胸が!背中はよく見えないけど、手触りが今までとは違う。

先生にもキレイになってきたねよかったねと言われ、しばらく続ける気力も沸き、普通のカットソーくらいならネックレスで隠しつつ着れる位になってきました。

半年以上経った頃先生に、もう全体じゃなくても出来てるところ周辺だけに塗ればいいよと言われ、でも背中じゃわかりません…と言うと、自分で塗ってたの?!塗ってくれる人いないの?!と…。

いるけど面倒くさがられるから…と言うと看護師さんに笑われ…

いつもの塗り方を伝えると、それじゃぁ薬が手のひらばかりに付いちゃうのよ!と言われ、そうなんです!手のひらとか指がカサカサしてて…と言うと、あ、よくご存知で…(笑)と先生に苦笑いされました(笑)

背中に薬を塗る専用の器具があるけど良かったら買ってく?と言われ、はい!と即答し、看護師さんが器具を持ってきてくださり、説明を受けました。

その名も軟膏ぬりちゃん(笑)

軟膏をつける面と、ひっくり返してカチッとすると反対はイボイボになっていて孫の手にもなるというすぐれもの!

看護師さんにあなたはこっちの面は使ったらダメよ~!と言われました。たしかにひっかき傷や色素沈着はこわいです。

その日の夜さっそく使ったら思いの外いいカンジでした。

でも鏡で見ながらだと角度が難しい…

なにより手がカサカサになる心配がないのがうれしい!

そしてしばらく続けて気づいたのが、薬のもちが全然違う!いつも1回で結構な量を使っていたので、飲み薬はまだたくさんあるのに塗り薬がもう少ない…と最後の方はちびちび塗ったり、塗り薬だけ貰いに行ったりしてたんです。

これが先生が言ってた手のひらにほとんど付いちゃうっていう現象だったのね…と納得しました。

おかげで今は手のひらのカサカサもなくなり、途中で塗り薬だけ貰いに行くこともなくなりました。よかったです。

 

1年ほど使い続けて今現在、背中も手触りがだいぶ良くなりましたが、やっぱりまだぷつっとできるし、跡は消えないし…。

たまにお風呂上がりとか母親に、キレイになった?!と見せるとその度に、前よりずいぶん良くなったよとか、ここにぽつっとまだ出来ちゃうねとか、キレイになったよ!あとは跡だね!と、母親なりに気を使って言ってくれるんです。

でもなんか一言多いというかひっかかるというか…。前よりって事は普通の人よりまだ汚いってことか…とか、キレイになっても結局跡は気になるのか…と、純粋にキレイになった!!だけじゃ終わらないってことは、まだ問題がある、初めて見た人はびっくりする状態なんだろうなぁ…となにげに落ち込み…。

自分でも痛いほど分かってるけど、誰かにこんなのたいしたことないじゃん!気にしすぎじゃん!って言ってもらって前向きになりたかったのに、やっぱり人から見たらしキレイじゃない事を再確認させられるという。

 

それこそわたしの自分本位ないつものネガティブなので母親はなにも悪くないんですけどね…むしろキレイだよ!気にしすぎ!って言われたら言われたで、この状態でキレイなわけないじゃん!他人事だからって無責任すぎ!!って怒るんですよわたしは。

肌もメンタルも強くなりたい…。

障子みたいに背中と胸の皮膚をべりべりぃ~!って剥がしてキレイな皮膚にリセットしたい…。

今日もまたモヤモヤで眠れません…。

ニキビからのひたすらネガティブ…

ニキビ 背中 胸

冬は隠すことのできる背中と胸のニキビ。

ひたすら首の詰まった洋服を選び、着てみたら思ったより胸があいてしまい、必死にストールで隠したり。

友達の結婚式に行くためのドレスもアメリカンスリーブタイプのものを選んでいました。あのデザインはかわいい上に首までぴったり覆うので優秀すぎる。もともと好きな形で、友達にも褒めてもらえてるし、おかげでなんとか今まで乗り切ってきました。

 

でも…やっぱりデコルテを惜しげもなく出してる友達や、背中が大胆に空いたドレスを着ている新婦はほんっっっとにうらやましく…

なんでわたしばっかり…とニキビに対する恨みだけではなく、純粋に結婚していくことへの羨ましさと、妬みと、切なさと、こんな気持ちになってしまう自分への苛立ちと…。

自分が結婚式することになっても好きなドレスは背中が気になって着られないし。

よく、雑誌やネットで、背中にもファンデーション塗ってくれるから多少のニキビは気にしなくて大丈夫!!という記事を見るけど、そんなレベルじゃないんだよ!簡単に言ってくれんな!と怒りを覚え…。

もうこのメンタルじゃ、この先どれだけみんなが気にならいと言ってくれても、自分の気持ちが後ろめたさしかなく。

そんな気持ちで着るんだったら背中も胸も完全にレースで隠れてるタイプにするか、でもそれを無理して着る必要はあるのか…そもそもそんな気持ちになってまで結婚式をしたいのか、そんな気持ちで式挙げてみなさんに貴重な休みを使って着ていただくなんて誰が得するのか…結婚式なんかしたくない。という結論にまで至り、予定もないのに1人で勝手にマリッジブルーになっていました。

そこでやめとけばいいのに、どうせこんな私なんか誰も必要としてないんだ、私がいなくなっても誰も気がつかないし誰も悲しまないし、もうこれって死ねってことなのかな…消えてなくなっちゃいたい…といつものやつが始まり。

ニキビと痔と膀胱炎と一緒に極度のネガティブも治せるお薬はないんでしょうか…。

そんなことまで薬や誰かに頼ろうとする心こそがわたしの弱さとずるさです。

分かってはいるんです…。

 

また春が来てしまう…。生理前こともあり、ひたすらネガティブなこのごろです。

ニキビの薬 デェフェリンゲル

ニキビ 背中 胸

ニキビのことで行ったいろんな皮膚科で処方された薬の中で一番多かったのが、ナジロキサンクリームというチューブに入った薬でした。

でもわたしは今まで効果を感じたことはなく…いろんな皮膚科に行ってこれを処方されると、あぁ…またこれか…と思うやつでした。

それだけ出回ってるってことは、ある程度の効果が実証されてる物なんだろうから、わたしが合わなかっただけなんでしょう…。

 

一時期普段はできにくいフェイスラインやアゴに大量にブツブツができたことがありました。

わたしはそれよりデコルテと背中のブツブツが重要だったんですが、先生の方から、こっちもけっこうひどいからこの薬使ってみようかと勧められたのがディフェリンゲルでした。

 

いろんなニキビに、予備軍の毛穴のつまりにも効果があるとのこと。

塗り込むのではなく、伸ばすようにつけること。

夜だけ使うこと。

紫外線には気をつけること。

薬をつけた手はよく洗うこと。

身体にはつけないこと。

最初は副作用で赤みとかが出るけど、一時的なものだから勝手に辞めずに様子を見ること。

 

いくつかの説明を受け、パンフレットみたいなものをもらいました。

 

それから毎日つけていて、やっぱり副作用と思われる症状が出てきたものの、まぁとりあえず騙されたと思って続けてみることにしました。

数カ月経った頃の診察のとき先生に、アゴのニキビキレイになってきたからディフェリンゲルやめてみる?と聞かれ、その時初めて、あぁ…たしかに…最近コンシーラーで隠すことも減ってたかも。と意識しました。

正直お化粧でなんとか隠せるこっちより、どうにもならない背中と胸のニキビの方がわたしの中では重要だったので…

この薬を背中と胸にも使いたい…といつも思ってました…。

相変わらず背中と胸はブツブツ。

身体用にダラシンという薬ももらいましたが、胸は鏡で見えるからいいとしても、自分で背中を見ることはできず、全体に塗りたくるくらいしか方法はなく、できてない所にまで塗ることに抵抗もあり、ニキビの出来てるところにだけ綿棒なり指なりでちょんちょん!とつけてと言われた薬達は、結局効果を実感できるまで使うことが出来ませんでした。

つけてくれる人がいればいいんでしょうけど…

でもアゴのニキビはそれから今でもたまに出来るものの、生理前だったり一時的なもので済んでいるので、ディフェリンゲルを使えてよかったなと思います。

 

 

 

背中のニキビが治らない…

ニキビ 背中 胸

背中のニキビは相変わらず一面に広がっていて、春が来る度に憂鬱な気分に陥っています…。デコルテとか背中が空いたかわいいデザインのお洋服がたくさん。

 

もうわたしの背中もデコルテも完治は不可能なんだと思います…

跡もすごいし、もう背中全体が黒ずんでしまっていて…

跡に混じってちゃんと現役のニキビもできてるし…しかも黒ニキビも白ニキビも化膿しためちゃくちゃ痛いやつも混在してて。

下着の金具に擦れたり、椅子の背もたれに触れて激痛に悶えたり…。

漢方薬も、7年間飲み続けてるんです。なのに普通にまだできる。

あまりにも思うような効果が得られないのに、2週間に一度せっかくの休みを半日潰して激混みの皮膚科に薬を貰いに行く生活に嫌気がさし、飲むのを辞めた時期があったんです。

そしたら徐々にブツブツは増えていき…

ちゃんと薬は効いていたようで…結局また同じ漢方薬を処方してもらうことになりました。

診察の時に先生に調子はどう?と聞かれていつも返事に困っていたんですが、最近は、良くもも悪くも現状維持です。飲んでいれば抑えられてる気がします。と答えています。

 

完全になくなりはしないけど、これ以上ひどくさせないもの。と自分で勝手に解釈して。

 

漢方薬はこれでよしとしても、塗り薬がいつもしっくり来なくて。

乾燥してるせいのブツブツだからと、ものすごいこってりのクリームをもらい、半信半疑でつけていたらやっぱりどんどん化膿してきたり。明らかに脂詰まりでしょっていう毛穴になったり…。

お風呂での背中の洗い方もテレビやネットや雑誌とかで見る、ナイロンはだめ!は当然のこと、聞いたり見たりした事は全部試しました。

 

・綿100%のタオルで優しく洗うのがよい

 

・麻の素材のボディタオルが適度な刺激があって良い

 

・豚毛のボディブラシがマッサージ効果もあって良い

 

・顔と同じように手のひらで優しく撫でるように洗うのが良い

 

・泡をのせるくらいで擦らなくて良い

 

・そもそも背中は石鹸類をつけずに流すだけで充分

 

ぜぇんぶ試したけどしっくりこない!

 

そして今通っている皮膚科で、ナイロンはダメよ!と耳にタコができるほど聞いた事を言われ、ちゃんと綿100%のタオルで洗ってますよ!と言ったら、それだと毛穴の汚れまで届かないよ!ガーゼで毛穴の汚れを落とすようにしっかり洗って!と初めての事を言われました。

そしてあなたの背中を触ると脂でベタベタしてるのよ~と。背中や胸のニキビは男性ホルモンが多いせいだそう。

おじさんの頭のてっぺんがハゲるのも男性ホルモンのせいだそう。

男性ホルモンは真ん中から縦のラインにあるもの?とかそんな説明だったような…。

背中とデコルテの毛穴は縦に開いているから、横に擦るんじゃなくて上下に擦り洗いしてねとのことで、ここでもニキビ用の石鹸のサンプルをもらって帰ってきました。

 

繊維が細かい分、きめ細かい泡が立ちました。

これをしばらく続けてみようと思う反面、今まで御法度だと思ってた擦り洗いすることへの抵抗もあり…

 

ある日、擦り洗いをせずお風呂から上がり、夏だったので上半身裸のまま顔に化粧水とかつけてた時にふと、ふき取り用の化粧水を背中に使ったらどうなんだろう…?と思い、コットンを使ってゴシゴシしてみたところ…

 

コットンが濃い茶色!!

え?なにこれ汚れ?まじで?そんな広い範囲擦ってないよ?!と思い、何度かコットンを代えて全体をコットンに汚れがつかなくなるまで繰り返しました。

数枚のコットンをしばらく眺めてしまいました(笑)こんなに汚れてるのか…と。

 

そして次の日はガーゼでしっかり洗い、またコットンでふき取ってみたらほとんど色はつきませんでした。

それからはちゃんとガーゼで洗って、体調悪くてお風呂入れないときとかはふきとりだけしてます。

ふき取り用の化粧水はいろいろあるけど、安心でお手頃価格なちふれのものを使っています。

もともと洗顔後に顔に使っていたもの。クレンジングと洗顔をした後でも意外とファンデやマスカラが残ってたりするし、これを使った後に化粧水をつけるとちゃんと毛穴に浸透するような気がします。

もちろん顔に使うときは優しく優しくです。

腎盂腎炎

病院 膀胱炎

年末の仕事がありえないくらい忙しかったある日、とにかく体調が悪く、腰の後ろあたりが酷く痛み、滅多にでない高熱を出したことがありました。

もともと体温が低く、普段はやっと36度あるかどうかくらい。

体調が悪くて熱を計っても必ず平熱。

むしろ体温が低すぎて体調が悪いのか…と思うほどなので、一般的に微熱と言われるくらいになるだけでもう苦しすぎるほど。

膀胱炎を診て貰ってるいつもの病院に行って、症状を話しても、まぁ風邪ね!とのこと。

ちょうど生理だったので尿検査もできないもんねと軽くあしらわれ、腰の上あたりが痛い事を伝えても、それはただの筋肉痛よ!といわれ、風邪薬をもらって帰りました。

でもやっぱり痛いし熱もなかなか下がらない…一度出勤したものの、耐えきれず早退させてもらいました。

繁忙期前で二人勤務になってる時だったので、いつもの一人勤務の時じゃなくてほんとによかった…

なんとか家に帰ったものの、そこから病院まで運転して行ける自信がなく、年末の休みに入っていた父に総合病院に連れていってもらいました。

その頃には生理も終わり、先生に一通りの症状を話すと、なんでもっと早く来なかったの?!と言われ、実は行ったんですが、筋肉痛だと言われて返されました…というと、なんだそれ!なんて病院?!とびっくりされました。

 

エコーを取ってもらったり、尿検査をしたりした結果、現状もう熱は平熱に近いことなどをふまえ、腎盂腎炎です!というより、腎盂腎炎でした!の方が近いね…とのお話でした。

点滴をしてもらい、帰宅しました。

社長に早退させてもらったお詫びと検査結果と是までの経緯を話すと、やっぱりそんな個人のとこじゃなくて、ちゃんとした大きい病院に行かなきゃダメだね!と言われてしまいました。

結局年末の忙しい時を丸々休ませてもらったので、年明けの他のスタッフからの表向きは普通だけどちょっと壁を感じるようなビミョーな空気を味わいつつ、わたしの健康管理ができていないせいだし…とますますネガティブになったできごとでした。

 

腎盂腎炎は膀胱炎から発症することが多い らしく…

こんなにこわいのに膀胱炎ていう病名がなぁ…なんか軽いんだよなぁ…知らない人には伝わらないよなぁ…とエンドレスでモヤモヤしてしまいます。

とはいえ、調子が良くなってくるとあんなに鮮明な激痛を味わっていたのに薄らいできてしまい、つい今までのクセでトイレを我慢したり水分を取り忘れたり…

何度も繰り返しているせいで前兆も分かるようになっていて、あれ…この違和感…なんかヤバいかも…と慌ててお白湯をがぶ飲みしたり、お腹にカイロを貼ったりとジタバタしています。

日々の積み重ねが大事なのは体調も仕事も勉強も同じなんですね…分かってはいるんです…ただ継続する事がこんなにも大変なのかと…

実際まさに今も違和感に苦しんでいる最中です…。

 

膀胱炎とか…

膀胱炎 病院

20代半ばに勤めていたところが、開店から閉店まで一人で勤務する小さいお店でした。

お昼は仕切りの裏で取り、呼ばれたら出ていくという、まともな休憩時間もない状況でした。

トイレに行くときも、すぐ戻りますという立て看板をレジに置き、レジの鍵を抜いて急いで戻るという…

そんな時に限って、さっきまで誰もお客様が来てなかったのに、戻ると何人かの方をお待たせしてしまっていたり。

 

そうするとやっぱり考えることは、なるべくトイレに行かなくていいように水分を控えるとかそんな浅はかな事で…。

小さい頃から、我慢しようと思えばいつまででも我慢できてしまう体質だったのもあり、9時から19時までの勤務で、お昼に一度トイレに行くか、19時半頃家に帰って、ふと、今日朝から1回もトイレいってない!!と思い、行く…とかそんなカンジでした。

我慢しているわけではなく、トイレに行きたいと思う感覚があまりなく…ちょっと行きたいかも…と思っても、これが終わってからにしよ!とか、キリのいいところまでやってからにしよ! とか、忙しかったり何かに夢中になってしまうと、尿意すらわすれてしまうというか…そもそも行きたいのに我慢しているのが当たり前というか…

一息ついたり、あれ?そういえば今日トイレ行ってないから別に今は行きたくないけど一応行っとこうかなくらいでした。

 

ある日の仕事中、下腹部というか膀胱というか、どこか特定はできないけど、生理痛とは違った何とも言えない鈍い痛みに襲われ、トイレに行ったら色の濃いおしっこが少し出ただけで、しみるような突き刺すようなムズムズするような激痛に襲われました。

 

訳が分からないまま前かがみになりながら職場に戻り、しゃがみこんで治まるのを待ったんですが、今トイレから戻ったばかりなのにまた尿意を感じ、でも行っても全然出ず…

痛み止めの薬を飲んだものの、たいして効かず、なんとか仕事を終わらせ家に帰り、親に話すと、それ膀胱炎じゃない?!と…。

聞いたことはあるけど詳しい症状を知らず、ネットで調べてみると当てはまるものばかり…

 

水を大量に飲み、お風呂に入ってあったまり、お腹にカイロを貼って寝ました。

もちろん熟睡はできず…

次の日はちょうど休みだったので、病院に行き、症状を伝えると尿検査を、とのこと。

ちょっとしか出ないと思うんですけど…と伝えると大丈夫ですよとのことで、痛みに耐えてがんばって出しました。

診察室に呼ばれると、もう結果が出ていて、やはり膀胱炎とのこと。

尿に菌がいるかすぐわかるんですね。

抗生物質をもらいました。

そしてエコーの検査もしてもらったところ、小さい石が二つできているそうで。

それを溶かす?薬ももらいました。

トイレ我慢してない?水分はちゃんと取ってる?と聞かれ、職場の環境的に当たり前のように我慢してました、水分ももともとあまり取らない方で…と先生に伝えると、それは意識して変えてかないとダメだね~と言われました。

 

先生からのお話だと、生理の時にナプキンを長時間変えずにいるとか、おしりを拭くときに前から手を入れて拭くのも菌がついて膀胱炎の原因になるそうです。

 

抗生物質は数日で効いてくると思うけど、途中で飲むのを辞めずに最後まで飲みきってねとのことでした。

 

最近テレビで知ったんですが、たとえば95%の菌が殺せて痛みが治まったからといって飲むのをやめてしまうと、残った5%の菌がその薬に対して免疫がついてしまい、次にまた膀胱炎になったときにその薬が 効かなくなってしまうとかそんな話らしく…

5日分もらったら3日で良くなったし、後の2日分はまた次になった時に飲めばいいじゃん!とか思ってました…

 

実際それから私は数え切れないくらい膀胱炎を繰り返しています…

腎盂腎炎にもなりました。

 

痔も膀胱炎も、辛すぎる症状に対して病名が軽いと思うんですよ…

名前は知ってたけど、こんなにもつらかったのか…と。

他にも自分が知らないだけで、勘違いされてる病気はたくさんあるんだろうな…としみじみ思いました。

 

この職場は条件も環境も過酷でしかないところだったんですが、ずっとしたかった仕事だったので、どれだけ体調が悪くなろうが忙しかろうが、辞めると決意するまでにかなり時間がかかってしまいました。

でも実際、死んだ方がマシだと思うくらいの痔になったり、冷え性で真夏でも電気毛布を使うようになったり、膀胱炎や腎盂腎炎を繰り返したり、胃腸炎になって点滴に通ったり。

若いのにこの先まともに生きていく為には何とかしないとと思うようになり。

子供も欲しいし、なにより健康第一だし。

今思えば遅すぎる決断だったけど…

腎盂腎炎…胃腸炎…盲腸

またいろいろ思い出してしまった…

今までの不調を語り出したら眠れません。

痔との付き合い方

季節の変わり目や寒いとき、体調が悪い時、食べ過ぎたりしてうんちが固くなった時は、ピーク時とは比にならないくらい楽なものの、痔の症状に悩まされます…。

調子がいい悪いに関わらず、今まで8年ほど毎日続けているのが、うんちをした後、ウォシュレットではなく、お風呂場に行き、シャワーで石鹸をつけてしっかり洗うことです。

冷え性なのもあり、熱めのお湯で下腹部やお尻を温めるだけで、だいぶ楽になる気がします。

ほんとはお風呂にもつかれたらいいんですが、24時間いつでも入れるお風呂じゃないから…

 

今まで特に軟便や下痢気味だったとき、拭ききれないお尻の穴に残った物が傷に触ってしみている感覚があったんです。しっかり洗ったら痛みが治まったということがあり、やっぱり拭くだけではなく、ちゃんと洗わなきゃダメなのね!という結論に達しました。

 

切れている患部は割と手前にあるので、洗いながら直接指でしみる部分を探し、ここだ!と思ったところをシャワーをあてながらゆっくり揉みほぐすようにマッサージしながら洗います。

毎日お尻を意識して生活し、患部を触っている事によってすごく分かりやすいのが、痔の症状が悪化している時はお尻の穴が腫れぼったく、筋肉痛のような感覚があり、指が入りにくいんです。

逆に調子がいい時はなんのつっかかりも違和感もなく指が入って。

 

 

痔がひどくなると腫れたり固くなったりして、お尻の穴がどんどん固く細くなってしまい、うんちも細いものしか出なくなてしまうらしく…

実際酷かった時、たしかに明らかに細かった 時期がありました…

それを防ぐためにもお尻の入り口を揉みほぐすようなマッサージはおすすめらしいです。なんかの本かネットで得た知識なのであやふやですが…

 

調子がいいときも同じように洗い、ほんとにこれは毎日やっています。

痔がどうこうを別にしても純粋におしりが清潔で気持ちいいし。

ウォシュレットでもいいんでしょうが、個人的に苦手なのと、やっぱりボディーソープをつけてしっかり洗いたい。そしてついでに数分だけでも下腹部を温めたい。 

でもゆっくりシャワーまで浴びる時間はない。朝だし。ということで、下だけ脱いで上の服はむねのところまでくるくるとたくし上げ、下半身だけシャワーを浴びるスタイルになりました。

ハタからみたらすごい光景だと思いますが。

悪化してしまっている時はこれをやってもやっぱり痛いけど、清潔に保てている安心感は何事にも代えがたい。

これをするために朝必ずうんちは出したいし、ゆっくり洗いとマッサージの時間を作りたいので、時間に余裕を持って起きるようになりました。

たまに休みの日にぐうたらしすぎてトイレにタイミングを見失ったり…規則正しくが一番です。分かってはいるんですが。

毎日トイレに行ってシャワーで洗う流れが自分の中ではもう仕事みたいなものなので、休みの日もそれが無事に済んでからはじめて、心から休みを実感できるというくらい重要な任務です。